車についての情報を日々更新します

ホンダ ジェイド のスペック

2015.02.17

ホンダから都市型発想で生まれた新型のクルマは「JADE」、読み方は「ジェイド」です。

英語の「翡翠(ひすい)」を意味します。
古代から勾玉(まがたま)などに重用されてきた宝石のように、高貴な美しさと不変の価値を持つ新時代のスタンダードカーを創造するという思いを込めて命名しています。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_5-55-52_No-00

新型ホンダジェイドのエンジンスペックは全てのモデルがハイブリッドカーで燃費性能に優れ、燃料節約の観点から駆動はFFです。情報では今後4WDも設定されるようですが!?

ストリームの後継者、オデッセイの弟分的評価の車に位置づけされます。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_5-56-35_No-00

 

ジェイドのサイズは日本の都市型発想のニュース・CMのように3列シートを持ちながら大きすぎず、、、
【全長:4.650mm 全幅:1.775mm 全高:1.530mm 最小回転半径:5.5m】
で都会の狭い道路でも運転が苦にならない最小かつ室内は最大の車に仕上がっています。
ホンダ独自のセンタータンクレイアウトの構造に+アルファのセッティングにより運転のしやすさと大人6名での余裕の乗車を達成した車に仕上がっています。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_6-25-38_No-00.png

所有する人に歓びをもたらすスタイリッシュなデザインだけではなく、様々なシーンに応える居住性と使い勝手も満たすことで、その理想をカタチにするために、Honda独自のM・M思想「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最少に(マンマキシマム・メカミニマム)という人が中心の発想で取り組むHondaのクルマづくりの基本思想。」をもとに磨き上げてきたパッケージ技術のすべてを結集し、超高密度低床プラットフォームを開発しました。

 

さらにハイブリッドシステムのIPU(Intelligent Power Unit)をHondaのハイブリッド車では初めてとなる、センターコンソールに配置。これらの工夫により、ステーションワゴンとも従来のミニバンとも異なる、「スタイリッシュで使えるクルマ」を実現しました。

 

 

 

ジェイドの使い勝手【インテリア】

室内サイズは【長さ×幅×高さ:2.850/1.505/1.230】*写真はオプションのブラックレザーシート使用

SnapCrab_NoName_2015-2-17_7-3-29_No-00

 

 

 

3列目シートの5:5分割床下格納機構と2列目シートを活用すれば、多彩なシートアレンジが可能に!
乗車人数やドライブの目的に応じて、空間を思いのままに使いこなすことが出来ます。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_7-2-51_No-00

 

 

広くて低いラッゲージスペースは、5:5分割床下格納機構を採用した3列目シートを倒せば、広くてフラットなラゲッジスペースに。大開口のテールゲートと開口部地上高670mmという低さにより、荷物の積み降ろしもラクに行うことができます。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_7-2-32_No-00

 

こんな小さな場所にも工夫が!カップホルダーは横にスライド式で1個+小物置き場にも出来ます。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_7-4-53_No-00

 

 

最後に特筆すべきはこの前方視界性の高さで運転のしやすさとダッシュボードの作り込みの高さです。ミニバンより小さく、ステーションワゴンより広い室内空間を作りこみました。

SnapCrab_NoName_2015-2-17_7-13-54_No-00

 

 

*ガリバーでチェック<<<ガリバー

ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、どこよりも台数を多く買い取る事により高価買取が可能です。
自社で業者オークションを開催していることもあって、高価買取の実績も多数あり、高査定が期待できます。

 

 

*簡単査定ガイドでチェック<<<かんたん車査定ガイド

最近CMで見掛けたという人も多いと思います。
サイト内容としては、名前の通りとにかく入力が簡単なのが特徴です。
入力に要する時間は30秒ほどで、入力完了後すぐに概算の査定額が提示されます。
参加企業数は50社程ですが、どこもJADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良企業で、大手に強いのが「簡単車査定ガイド」の特徴です。

 

 

*カーセンサーでチェック<<<カーセンサー

カーセンサーは、株式リクルートが運営する総合自動車情報サイトです。
カーセンサーは業界でも老舗なので、知名度は抜群。カセンサーを知らない人は殆どいないでしょう。
一括査定サイトとしての特徴は、地元密着業者に強い所です。
地元業者は、基本的に買い取った車を直接販売する事が多い為、オークション市場で転売する大手と比べると、高額査定が出やすいのが特徴です。
ただし資金力が低いので、該当車種の在庫がある場合は、最初から買取しない場合もあります。

関連記事