車についての情報を日々更新します

マツダCX-5の値引き

2015.01.04

【クロスオーバー(SUV)として2年連続このカテゴリーでベストセラーに輝いた人気車】

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く購入したブログ

マツダがスカイアクティブエンジンを搭載し初採用された車がこのCX-5です。クロスオーバー(SUV)として2年連続このカテゴリーでベストセラーに輝いた人気車です。

クレードは下から2.0LNAエンジン搭載のFFモデル、2.5LNAエンジンのFF&4WDモデル、これらはレギュラーガソリン仕様で同排気量では国内最強レベルのエンジンです。

しかし、マツダが今最も売れているのは2.2Lディーゼルエンジン+ターボ搭載のモデルで、このモデルにはFFと4WDモデルがラインナップされています。
SnapCrab_NoName_2015-1-4_8-5-27_No-00価格帯はFF2000ccモデルの244万6200円~最強の4WD、2200cc/ターボ搭載のクリーンディーゼルレザー仕様の348万8400円まで12モデルが販売されいているが、主役はクリーンディーゼル+4WDモデルでこの車のプロフィールには4WDモデルが最も似合っています。(2000ccNAモデルでは4WD車は選択出来ません)

クロスオーバーカー最高の走りと燃費がCX-5の人気の鍵ですが、マツダの目引きは他社に比べ結構大きく、下記表を見ていただいても分かる通り25-30万円の値引き額が目標値引き額になります。SnapCrab_NoName_2015-1-4_8-1-19_No-00

 

*ガリバーでチェック<<<ガリバー

ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、どこよりも台数を多く買い取る事により高価買取が可能です。
自社で業者オークションを開催していることもあって、高価買取の実績も多数あり、高査定が期待できます。

 

 

 

しかし、普通に商談していては15-20万円程度の値引き(初回商談開始時は10万円引きからのスタートが多いようです)での商談になってしまうので、下にあげた日産車やスバル車を競合車としてください。スバルのレヴォーグやホンダヴェゼル等も競合車になりますが、この2台は超人気モデルで値引きも少ないのでライバルとしては存在しますが、競合しても値引き額の上乗せは厳しい車になってしまいます。

 

 

SnapCrab_NoName_2015-1-4_8-4-21_No-00

 

2.2Lディーゼルターボ車の性能はガソリンエンジンの4Lモデルを凌ぐ圧倒的なトルクとガソリンに負けない吹け上がりと静寂性を実現し、SUVとしてのシャシーチューンはほとんどロールを感じさせないコーナーリング特性を有し、一体感のある走りとハンドリングが楽しめます。また変速が素早くシャープで滑らかな6ATとのマッチングも最高です。

【センスが良く、上質感のあるレザーパッケージのインテリア】

SnapCrab_NoName_2015-1-4_8-58-7_No-00

昨年10月のマイナーチェンジで、電動パーキングブレーキ、マツダコネクトを採用、先進安全システムの導入などで一層商品力を増したCX-5はライバル車との差別化がはっきり優位な国産クロスオーバーカーの代表格モデルと言えます。

推奨モデルは、雪道や長距離ドライブ派には2.2Lディーゼル+4WD,都市部の街乗り中心ならばガソリンのFFモデルも選択肢に入るでしょう!

 

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 




↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド



↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事