車についての情報を日々更新します

国産SUVの評価

2014.12.21

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く購入したブログ

国産SUVの歴史【独自の進化で人気車へ】

20世紀後半から徐々に人気が出てきた国産SUVは、当時オフロード車としてのカテゴリーのクルマで「トヨタランドクルーザー・ミツビシパジェロ・イスズビックホーン」などが国産SUV車としてのパイオニア的存在として人気を博していました。

【トヨタランドクルーザーBJ40:往年の名車】
toyotafj.jpg

1990年代に流行したいわゆるオフロードタイプのSUVはクロカン(クロスカントリー車)と呼ばれていました。

今ではありえませんがこんな使われ方にも耐える車がSUVの始まりでした。

SnapCrab_NoName_2014-12-21_6-44-38_No-00

 

 

【トヨタ ランドクルーザープラド:1994年式】
SnapCrab_NoName_2014-8-14_7-13-37_No-00.png
【三菱パジェロ-ロング 1996年式は当時大人気を博したモデル】
SnapCrab_NoName_2014-8-14_7-13-37_No-00.png
【今はなき、イスズビッグホーン-ハンドリングバイオータス】
*当時、私も乗っていました♪
SnapCrab_NoName_2014-8-14_7-22-48_No-00.png

日本ではオフロード走行で走行する場所が限られているため、かつてはあまり注目されませんでしたが、今では街乗りSUVの人気が定着し、街中からスキー場や林道へ!
場所を選ばず走れるSUVの人気が定着しています。

ここではSUV日本代表を紹介していき、国産SUVの性能と機能、デザインなどから自分のスタイルに合ったSUVをチョイスしてください♪

国産SUVのオススメ車

SUV市場は日本全体の経済成長などの要因で新型車やモデルチェンジでより魅力的なSUVが増加傾向にあります。また、一世を風靡したトヨタランドクルーザー70系が再販されるなどこのSUV市場がシェアーを伸ばしています。
【新型ランドクルーザー70】
SnapCrab_NoName_2014-12-21_6-46-13_No-00
一昨年頃までのSUV市場はミドルクラスの車が人気の中心で、実際1位はマツダの【CX-5】でこの車のクリーンディーゼルエンジンモデルは実に力強く、燃費も良く、車としての評価は高い車です。日産ジュークは好みが分かれる個性的なデザインで話題性と世界戦略車としての付加価値が高い車でしょう。日産の親会社である「ルノー」からジュークベースの新型SUVが今年発売されることからもジュークは日本だけではなく他国での販売も視野に入れた車となっています。
一方、日産はマツダCX-5の対向車種として、今までも若者中心に人気が高かった【エクストレイル】を昨年末にモデルチェンジしました。このエクストレイルにも従来からクリーンディーゼルエンジン搭載モデルがあり、今後このミドルクラスSUV市場ではディーゼルエンジンを持つ【マツダCX-5】と【日産エクストレイル】がオススメモデルです。
【マツダCX-5】

th.jpg

【新型日産エクストレイル】

616888.jpg

そんな中で国産SUVの売れ筋オススメ車は大きく分けて、①コンパクトクラスのやや小さめなSUV②ハイブリッドやクリーンディーゼルエンジン搭載車などのエコ志向で燃費の良いSUV、に人気が集中しています。
この傾向は昨年6月にスバルのインプレッサベースで作られたコンパクトSUVのスバルXVがハイブリッド搭載者を発売し、現在XVの売り上げの80%がハイブリッドといった状況です。

【スバルXV ハイブリッド】
8.jpg

また、昨年暮れの12月にホンダからフィット3ベースのコンパクトSUV【ヴェゼル】が発売され、約半年続いたスバルXVの一人勝ちが今後ヴェゼルの発売でどのようになっていくかが興味を引く所です。

【ホンダ ヴェゼルHV】
014_o.jpg

このようにSUV市場は戦国期に入ってきていますが、現在のオススメ車は上記に記載したミドルクラスでは「マツダCX5・日産エクストレイル」があげられます。また、本格派SUVとして最近モデルチェンジした【スバルフォレスター】を加えた3車種から選定するのがオススメです。

次に最近人気が急上昇している「コンパクトクラスSUV」では日産ジュークが牽引役を果たしましたが、最新の【スバルXVハイブリッド】に軍配が上げられるでしょう!?

また、昨年末にホンダから新発売された【ヴェゼル】が今後どこまでコストバリューを高めるかは注目するところです。新型FIT3がベース車台の車ですから基本はしっかりしている車です。聞くとことによると、ポルシェカイエンからヴェゼルに乗り換えた方もいるそうですから、、、!
こんな話を聞くと、このSUV市場も、大きさのカテゴリーは無くなりクラスレスの時代に入ったかもしれません。

 

【参考:車の買い替え交渉テクニック】 

車を下取りに出す時、ディーラーで下取り額を確認し、クルマ買取店で無料査定を行ってください。
■多くの場合、下取り額より高い金額で車を売却出来ます!買取店選びは

①高く売却出来る買取店

②大手など信頼出来る買取店

から選んでください。
■下取り価格と買取価格の差額は10-50万円(平均20-25万円)で、下取り額より高く売れるのが一般的です。

何故ならディーラーの下取り車はディーラーで再販し、新車販売同様にディーラーの利益になってしまいます。個人で買取店へ売却すればディーラーの利益分が貴方の利益になるんです!
■その差額を新しい車の購入資金に当てれば出費額を少なく出来ますよね !

【おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。】

453


↓ ↓ ↓

♦ガリバー>>>ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、どこよりも台数を多く買い取る事により高価買取が可能です。自社で業者オークションを開催していることもあって、高価買取の実績も多数あり、高査定が期待できます。


↓ ↓ ↓

♦カービュー>>>最大8社の複数の買取店で一括査定が出来るので査定額を競い合い高い査定額が期待出来ます。カンタン3分で記入、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

 

 

国産SUVランキング

国産SUVランキングは昨年の統計がまだ出ていないので2012年度の売り上げ順位で紹介します。2014年度では「ホンダヴェゼル」や「スバルXV」などが上位にランクインしています。1位:マツダ CX-5
新車価格:319万円
カタログ燃費: 20 km/L(10・15モード)
実燃費:13.68 km/L
2012年販売台数:35,438台
コメント:乗用車全体では24位でディーゼル車が健闘。2位:日産 ジューク
新車価格:162万円~285.1万円
カタログ燃費:: 19 km/L(10・15モード)
実燃費:13.40 km/L
2012年販売台数:33,648台
コメント:個性的なデザインが世界に通用するグローバルSUV(前年は1位)3位:日産 エクストレイル
新車価格: ~342万円
カタログ燃費::15 km/L(10・15モード)
実燃費:10.13 km/L
2012年販売台数:28,325台
コメント:若者に人気のアウトドア派のSUV。クリーンディーゼルモデルも参入。昨年新型へモデルチェ ンジ。4位:トヨタ ヴァンガード
新車価格:242万円~336.5万円
カタログ燃費::10 km/L~13 km/L(10・15モード)
実燃費: 9.45 km/L
2012年販売台数:17,023台
コメント:トヨタ車では一番売れ筋の価格設定で安定した人気を確保。5位:スバル フォレスター
新車価格: ~362万円
カタログ燃費: 15 km/L(10・15モード)
実燃費:9.73 km/L
2012年販売台数:12,472台
コメント:シンメトリアル4WDと水平対向エンジン搭載の実力派SUV。6位:ホンダ CR-V
新車価格: 250万円~327万円
カタログ燃費::15 km/L(10・15モード)
実燃費:9.99 km/L
2012年販売台数:12,139
コメント:ホンダならではのリアルタイム4WDでデザインも一新したバタ臭いデザイン。7位:トヨタ ランドクルーザープラド
新車価格: 315万円~475万円
カタログ燃費:12 km/L(10・15モード)
実燃費: 7.38 km/L
2012年販売台数:11,430
コメント:ランクル上位車種を押さえ売れ筋サイズのSUV。8位:レクサス RX
新車価格: ~560万円
カタログ燃費::19 km/L(10・15モード)
実燃費: 11.28 km/L
2012年販売台数:11,325台
コメント:ハリアーのレクサス版、ブランド志向の強い車(ハリアーは昨年末レクサスから独立)9位:スバル インプレッサXV
新車価格: 219.5万円~246.8万円
カタログ燃費::10.06km/L
実燃費:14 km/L~16 km/L(10・15モード)
2012年販売台数:52,017台(インプレッサ全体)
コメント:昨年はハイブリッド4WDを導入して更に上位へ。コンパクトSUVナンバー1の実力派。10位:トヨタ ハリアー
新車価格: 266.7万円~
カタログ燃費:: 11 km/L
実燃費: 8.54 km/L
2012年販売台数:5,790台
コメント:一昨年販売終了し、昨年12月にレクサスとは全く別の国内専用モデルに改新。

以上のような結果からこのクラスではマツダや日産が頑張っており、これをスバルが追いかけるといった傾向で、昨年はスバルがXVのハイブリッドやフォレスターの人気でシェアをかなり伸ばした様です。

↓ ↓ ↓

関連記事