車についての情報を日々更新します

スバルレヴォーグ購入 高速走行性能【アイサイト・バージョン3】

2014.11.13

 

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く購入したブログ

 

レヴォーグ1.6GTSアイサイトが納車されて約1ヶ月が経過しました。走行距離も2,500キロを超えエンジンもならし運転半ばを超え少しずつ速度や回転数のUP・コーナリングでの加速など楽しめるようになてきました♪

【上信越道SAでのひとコマ】

DSC_0381[2]

 

 

正直、出来の素晴らしいクルマです、、、

これで1.6Lとは思えませんね!例えターボが付いていたとしてもです。高速道路でも楽々+スポーティーな味付けが楽しいクルマですね!

FSCN3105

 

 

■走行性能は時速100km/h時の回転数は約1,900prmと低く、燃費には貢献するが、ターボは2,000prm以上でないと効果を確認できない様で、100キロからの再加速では一瞬もたつく感はありますけど、パーフェクトに近いこのレヴォーグの中で「ご愛嬌」程度に筆者は感じています。

【速度はメーターとデジタル両方で表示させることが出来ます】

FSCN3104

[EyeSight バージョン3]の性能は好評でしたが、先行車に追従して走行する「アダプティブクルーズコントロールシステム」は加減速のスムースさ・3段階から選べる車間距離・渋滞時の楽チン度など安全性+ドライバーの運連疲労の軽減や安心度などが増しているように感じます。

 

写真は時速100km/hに設定した時のアイサイト表示画面です。実際の速度は92km/hで先行車がいるため8キロ減速しています。先行車がいるのはクルマの絵左側が緑色になっていることで表示されます。反対側はクルマがレーンをキープ(「アクティブレーンキープシステム」)している表示画面です。

アイサイトバージョン3から導入された「アクティブレーンキープ」システムはハンドルを緩めに握って高速道路走行中に違和感のない範囲でハンドル微調整しレーン中央を走行するシステムで、長距離ドライブでの疲労軽減に効果的な装備ですね。

実際この2つのアイサイトを使いこなせば実に快適な高速移動手段として活用出来ました。

 

 

・ところで、車の買い替え時、今の愛車は下取りに出していますか?
・前に買取店で査定してもらいましょう。
・殆どの場合が高く売れますよ!

・如何に安く新車を購入するかは、新車の値引き以上に、今乗っている車の価格がいくらなのか?が重要なポイントです
・買取会社(ガリバーなどの大手買取会社)で値段を調べて下さいね!

・下取りに出すにしても「ガリバーでは○○円での条件提示がありましたよ!」などの一声で下取り価格も変わってきます。
・何故ならディーラーは新車を売るだけではなく、下取り車でも設けも計上しているからなんです。
・買取会社への連絡は簡単、此処をクリックして今の車の簡単な情報を入力するだけ!

・今売れている車を如何に安く手に入れるか!皆さんも下記の公式サイトで検討してくださいね!?

                      

===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです。

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>
下記2つのオンライン無料査定先がオススメです!

↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド


↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事