車についての情報を日々更新します

スバル レガシーB4 発売

2014.10.30

 

 

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く購入したブログ

◆参考ブログ:スバルレヴォーグを65万円安く購入!

スバル「レガシィB4」が10月29日に新型へと移行新発売されました。

力強さと洗練されたデザインが魅力のアッパーミドルセダンで競合車は「ホンダアコード」や「マツダアテンザセダン」などになるでしょう。

新型B4のサイズは【全長4795×全幅1840×全高1500mm】で前モデル比較で:「全長は+50mm、全幅は+60mm、全高はー5mm」で大きくなりました。

♥サイドビューは、ボディの厚みを感じさせるようにキャラクターラインを工夫し、存在感のある前後フェンダーも力強さを演出しています。

SnapCrab_NoName_2014-10-30_6-18-15_No-00

 

 

♦B4のデザインテーマは「たくましさと俊敏さ」とのことで、「ダイナミック×ソリッド」なエクステリアを意識したというように、力強さのある塊感が表現されています。

フロントデザインは新型アウトバックと同様で、膨らみを感じさせるノーズコーン構造を採用し、ヘキサゴンもアウトバックと同じくスバルスタイルですが、色がブラックで引き締まった印象を受けます。

【左がアウトバック・右がレガシーB4】
SnapCrab_NoName_2014-10-30_6-19-6_No-00

♦ ドライビング

乗る人に最上のドライブを提供するために、レガシィは静粛性に徹底的にこだわりました。パワーユニット各部を最適化し、騒音や振動を抑制。さらにフロントガラスやパネル類の遮音性を高めることで、車内に伝わるエンジンノイズを低減しています。また、足回りとボディ剛性の強化や防音・遮音材の全面的な見直しなどにより、不快なロードノイズや振動も抑制。広範囲かつ緻密な取り組みによって、驚くほど静かで快適なドライビング空間をつくり上げています。

SnapCrab_NoName_2014-10-30_6-24-10_No-00

 

ミニバンブームが去りクルマの原点である『セダン』への回帰が言われ始め、国産各社からセダンの新型が発売されていますが、このB4はセダンの高い資質とスバルがどこも真似をできない4WDシステム(シンメトリカルシステム)+安全性で評価の高いアイサイト(バージョン3)を兼ね備えたクルマ。

 

【出典:スバルWEBより】

♠アッパーミドルクラスで雪道を走行する機会が多いドライバーにはもってこいのセダンでしょうね!♪

 

 

【参考:車の買い替え交渉テクニック】 

車を下取りに出す時、ディーラーで下取り額を確認し、クルマ買取店で無料査定を行ってください。
■多くの場合、下取り額より高い金額で車を売却出来ます!買取店選びは

①高く売却出来る買取店

②大手など信頼出来る買取店

から選んでください。
■下取り価格と買取価格の差額は10-50万円(平均20-25万円)で、下取り額より高く売れるのが一般的です。

何故ならディーラーの下取り車はディーラーで再販し、新車販売同様にディーラーの利益になってしまいます。個人で買取店へ売却すればディーラーの利益分が貴方の利益になるんです!
■その差額を新しい車の購入資金に当てれば出費額を少なく出来ますよね !

【おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。】

453


↓ ↓ ↓

♦ガリバー>>>ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、どこよりも台数を多く買い取る事により高価買取が可能です。自社で業者オークションを開催していることもあって、高価買取の実績も多数あり、高査定が期待できます。


↓ ↓ ↓

♦カービュー>>>最大8社の複数の買取店で一括査定が出来るので査定額を競い合い高い査定額が期待出来ます。カンタン3分で記入、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

関連記事