車についての情報を日々更新します

レンジローバー イヴォーククーペ

♥世の中、省エネでハイブリットや直噴、ディーゼルなどの新しいモデルが登場していますね♫
これはこれで素晴らしい事!クルマ産業が活気づき更にいい車!遊び心を擽るクルマが出てくることに期待しています!

◆さて、テーマの一番乗りたいクルマはズバリ「レンジローバー-イヴォーク-クーペ」デス♥
斜め前から見たこのダイナミックなスタイル、大きさは「NISSANディアリス」の幅を100mmほど大きくした位のコンパクトSUVです!

◆このつり上げったリアスタイルは独特ですね♫カタログに記載されるボディカラーは計14色。ルーフカラーもボディ同色のほか、3色から選べます、写真はフィレンツェレッド(メタリック)/ブラック です。

 

 

 

 

◆ハッチバックを開けるとまあまあのスペース、荷室容量は大型ワゴン並み、
横幅や天地にも余裕があります

◆メーター周りは斬新なデザインです。レタリングに使われるLED照明が氷のように濃淡を伴って光る。こうした芸の細かさ、コーディネイトの巧さ、ナチュラルな素材感、見せ方の新しさは、北欧デザインに若干通じるものがありますが、やはり英国独特の雰囲気です!

◆ATはアイシン製6AT,[テレイン・レスポンス]という4つのモードが選択
出来ます。
①オンロードモード
②草/砂利/雪モード
③泥/轍モード
④砂地モード

◆エンジンルーム
日本仕様は全車2リッター直4ターボ(240ps)、電子制御フルタイム4WD、ア クティブ・オン・ディマンド・カップリング式との組み合わせ。

◆内装はレザー、オーソドックスなブラックもいいですが、この朱色のレザー、 そそられます!

◆ボンネットやルーフはアルミ製。またフロントフェンダーやリアゲートは樹脂製で軽量化。フリーランダー2より小さく、エンジンも6気筒から4気筒になることもあり、車重は150kgほど軽くなっています。
嬬恋に砂漠はありませんが、冬の雪道をイヴォークで走ってみたいです!

◆ホワイトボディにブラックルーフ!飽きのこない色もいいですね♫

 

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 



↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド


↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事