車についての情報を日々更新します

ホンダヴェゼル【エクステリア・インテリア・走行性能】の評価

 ◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く購入!

【1.エクステリアの評価】

一目でヴェゼルと分かるラウンドしたルーフラインが特徴でSUVのなかでもクーペ風スタイルを取り入れたことにより力強さと安心感の中にスポーティーな印象のエクステリアを表現しています。
見てくれだけのSUV車が多い中、ヴェゼルは地上最低高も程ほどにとってあり、フラットアボディー床面はアンダーカバーが装着されアンダーコートも十分に施して雪道での錆び対策にもしっかり対応しているとのホンダディーラースタッフからの話も聞いています。

SnapCrab_NoName_2014-8-24_6-54-53_No-00.png

【2.インテリアの評価】

電気式レバーの恩恵で未来的なシフトレバーとシフトレバー下部に収納スペースを作り、ダッシュボードからシフトレバー、センターコンソールへの直線的なラインで前席をコックピット風にデザインを施し、ドアトリム周辺にはレザーが使用されインテリアの質感は非常に高いインテリアに仕上がっています。

SnapCrab_NoName_2014-8-24_6-56-21_No-00.png

ただ、残念なのは、写真のタンカラーが最上級モデル(FF車)のみにしかチョイス出来ない点は今後改善の余地ありです。

SnapCrab_NoName_2014-8-24_6-55-27_No-00.png

一方、ラッゲージスペースは全長の短いヴェゼルではさすがにステーションワゴン並みのスペースはありませんが、ホンダ自慢の「前席下ガソリンタンクレイアウト」の恩恵で縦方向の余裕は圧倒的に広い空間を作り出しています。

SnapCrab_NoName_2014-8-24_6-58-13_No-00.png

また、大半の国産車はレザーシート出なければオプションで装着できなかった「シートヒーター」がファブリックシートでも上級車には標準装備されたり、ギアをR(リバース)に入れた際、助手席ミラーが下側に傾き、駐車の際に便利ですし、ウィンカーの1タッチ3シグナルもレーンチェンジなどで非常に便利。
これらの装備は上級欧州車にしか採用されていない装備品です。

 

【3.走行性能の評価】

エンジン(+ハイブリッド)車のSUV(クロスオーバーカー)として誕生したヴェゼルですが、走りに対しての快適性では◎が付きます!全席・後席とも足元空間は十分すぎるほどの余裕があり大人4人でのドライブにはこのサイズの中では最高評価でしょう!

SnapCrab_NoName_2014-8-24_6-57-30_No-00.png

全高が高いSU車はカーブではコーナリングのロールが多いのですが、ヴェゼルのシャシーは剛性感が高く、走りに関してもしなやかにストロークするサスペンションのおかげで高速も山道も苦になりません!

SnapCrab_NoName_2014-8-24_7-50-56_No-00.png

これにホンダ自慢のエンジンと新タイプのリチウムイオン電池のハイブリッド車なら低速から高速域まで非常にしなやかな運転が楽しめます。残念ながらガソリンモデルでは車重の重いSUVには多少の非力感は否めませんが、ベースモデルのFIT-3との違いのひとつである「DCT変速機」がスムーズで気持ち良い走りを楽しませてくれます ♪

SnapCrab_NoName_2014-8-24_7-50-16_No-00.png

以上、エクステリア・インテリア・走行性能での評価を報告させてもらいましたが、「アウトドア系が好き」で、「経済性も重要」だし「走りにもある程度こだわる」e.c.t.
こんな家族が購入する車の中では人気、実力共にナンバー1のクルマがヴェゼルではないでしょうか!?!

 


★中古車探しならリクルートが運営するクルマ総合情報サイトの『カーセンサー』
=発売から8ヶ月のヴェゼルも172台掲載されています=

1.中古車物件の掲載台数が全国完全網羅で20万台以上。
2.検索しやすい機能満載で、相場情報も充実。
3.ユーザーにぴったりの一台が見つけられます。
4.中古車買取一括査定も全国の買取店が参画(たった3分程度の入力作業で完了)
5.カーセンサーにしか掲載していない買取店もあるから、一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい。


↓ ↓ ↓
WEBサイトはコチラ<<カーセンサー

 

関連記事