車についての情報を日々更新します

フィアットパンダ 4×4 

2012.09.30

 

◆パリサロン[2012]で新型フィアットパンダ4×4が登場という記事がカーグラフィックに掲載されていました。
パンダの新型、なんと「スーパーパンダ」と呼ぶらしい!?
本格的オフロードマシンに近い性能、0.9L2気筒ターボのフルタイム4駆!
<見てよ!この塊感♪モスグリーンの色も良いですね~!>

◆この写真は2014年の全米モーターショーでデビューした最新のパンダクロスオーバーです。このままのデザインで日本で発売されれば一気に話題になるでしょう!?

pc-01 (1)

<インテリアもラテン風!お洒落でっすよねぇー!>

*「参考」ベース車両の標準型「パンダ」が2011年にモデルチェンジしたことを受け、その派生モデルである4WDの「パンダ4×4」も新型に移行する。
ボディーサイズは全長368×全幅167×全幅160cm。4WDシステムにはフィアットが「トルク・オン・デマンド」と呼ぶ、電子制御カップリングを備えるタイプが採用される。エンジンは0.9リッターの2気筒“ツインエア”ガソリンターボ(85ps)と、1.3リッターディーゼル(75ps)の2種類。
4WD仕様のほかに今後、「トレッキング」という名のFFモデルと、メタノールとガソリンの混合燃料が使用できる「ナチュラルパワー」という仕様が設定されるという。

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです!
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。
何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです。