車についての情報を日々更新します

ホンダヴェゼルの評価【納期と値引きなど】

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く買った報告ブログ

 

 

*車の買取サイト情報<<車買取業者の選び方【買取店の評判・比較・ランキングなどの紹介
*参考ブログ<<<スバルXV・ホンダヴェゼル[ハイブリッド4WD]の比較評価

【ヴェゼルの納期と消費税】

ホンダがついに発売したハイブリッド+4WD最初の車はFIT-3がベースのプレミアムコンパクトSUV、『ヴェゼル』でした。

12月20日の発売日に、既に納車3ヶ月待ちで生産が追いつかない状況です。

ltKmgbg6cw6CJrFmOfRMVlGZNqSSu4Qu

一方、平成26年4月1日に5%から8%に引上げられます。今購入すればギリギリ間に合うかどうか?
契約日ではなく引き渡し日(もしくはナンバー登録日)が4月1日以降になる場合は消費税が5%から
8%になるので納車が間に合うかが気がかりです。
本気で購入を検討している方は早めに行動して決断しないと、判断が少し遅くなると増税分で3%(200万で6万円)を上乗せされてしまいます。

*最新情報:1月12日にホンダカーズの知人に確認したところ、ハイブリッド車は既に4ヶ月待ちで納車は消費税UPの4月以降になってしまう事が分かりました。
ガソリンモデルは現状ではまだ3月までの納車は可能だそうです。
(いずれもFF・4WDモデル両方)

また、中古車市場では4月以降の増税で(中古車にも消費税はかかります!)販売価格を上げる業者は少なくその分、下取り査定価格が低く抑えられる事も予想されています。

これから4月からの消費税アップの影響で、車の販売台数は相当増えますから購入を検討している方、特に人気車はディーラーでの商談を検討してください!!!

それと、今の車は、買取業者のオンライン査定で価格を調べて、商談時の交渉を優位でスムーズに出来るようにしておくことが大切です!

ヴェゼルは非常に出来の良い車ですから、デザインが嫌いでなければリセールバリューも高く、買って損はしない車の代表格の1台です。

*車購入の参考サイト<<車を安く買う方法

【フィット4WDハイブリッドとの違い】

先ほど記載しましたが『ヴェゼル』は新型FIT3からの派生車種です。カタログサイズで比較するとヴェゼルはフィットより一回り大きな車であることが分かります。

010_o

全長は4,295mmでフィットより340mmも長く全高は1,605mmでフィット(4WD)より55mmも高い。最低地上高は170mmで20mm高い(4WDモデルはFFモデルの185mmより15mm低いのはいただけない)。全幅は1,770mmと75mmも広く3ナンバー車となった。ホイールベースも2,610mmで80mmも延長しています。
*室内サイズは[全長,全幅,全高mm]フィット:1.935/1.450/1.280mmに対しヴェゼ1.930/1.485/1.265mm
で幅以外はフィットの方が広く、ヴェゼルがFITに比べて、パッケージングよりデザインを優先して作った車であることが分かります。
サイズアップで車両重量も4WD車で1,350kgとフィットハイブリッド4WDの1,170~1,220kgより100kg以上重くなっています。

783308eb-thumbnail2

 

エンジンは直列4気筒の1.5リッターのみで、ガソリンタイプとハイブリッドタイプそれぞれにFFと4WDがあります。この1.5Lエンジンはガソリンタイプはフィットと同じですが、ハイブリッドタイプのエンジンはフィットが「アトキンソンサイクルエンジン」であるのに対しヴェゼルは「直噴式エンジン」となり、最大出力は132ps(6,600rpm)、最大トルクは15.9kgf-m(4,600rpm)にアップしており、エンジンとモーターの合計出力は152ps(フィットハイブリッドは「137ps」)に達し、フィットハイブリッドを15ps上まわっています。

ミッションはガソリンエンジン車はCVTシステム(無段変速AT)なのに対し、ハイブリッドは2組のクラッチを用いた7速DCTシステムで全車にパドルシフトを装着しより高効率でスポーティーな走りが可能になっています。
ヴェゼルの4WDは、電子制御される多板クラッチによって後輪に駆動力を伝えるタイプだが、ヴェゼルではコーナリング時に後輪の駆動力配分を高めることにより、車両を内側に曲げる力を強められる効果があります。

JC08モード燃費はグレードによって異なりハイブリッドのFF車では「27km/L」だが、4WD車(X・Lパッケージ)はタイヤサイズも17インチになって「21.6km/L」に下がります。

また、ガソリンエンジン車はFFで「19.2km/L」~「20.6km/L」、4WD(Gパッケージ)で「19km/L」ですから、上級グレードを選べばガソリン車でもハイブリッドでも燃費はあまり変わりません。ガソリンエンジン車の131ps/6,600rpmから最高出力が152psまで高まっている分燃費は低下します。

総合的に見てヴェゼルはフィットのプラットホームを使ったより上級のプレミアムコンパクトSUVだと言えるでしょう!

 

【スバルXVとの比較】

ホンダ 『ヴェゼル』とスバル『XV』は国産ハイブリッド4WDで共にクロスオーバーカー、そしてハイブリッド車の設定、コンパクトSUVで共通したカテゴリーの車です。

lineup_hv_pict

サイズと価格を比較してみると!
『ホンダ「ヴェゼル」ハイブリッドX/4WD』
価格:2,560,000円
サイズ:全長4295mm×前幅1770mm×全高1605mm
重量:1370kg
馬力:エンジン132ps(1.5L)+モーター29.5ps=161.5ps

『スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight』
価格:2,782,500円
サイズ:全長4450mm×前幅1780mm×全高1550mm
重量:1390kg
馬力:エンジン150ps(2.0L)+モーター13.6ps=163.6ps

ヴェゼルが1.5L、XVは2.0Lで18psXVの方が高いですが、ハイブリッドシステムのバッテリー出力は逆にヴェゼルが29.5ps、XVは13.6psと15.9ps上回っており、システム合計では161.5vs163.6psとほぼ同等です。
一方、トルクを見るとヴェゼルが32.2に対しXVは20.2(kgf)でヴェゼルのトルクフルが目立ちます。
理由はヴェゼルが最新式のリチウムイオン電池を48個搭載しているのに対しXVは一般的なニッケル水素電池を21個搭載と2倍以上の差があります。高性能(寿命が長く小さく軽い)のリチウムイオンを使用していることXVに対する大きなメリットと言えるでしょう!!

スバルXVの方がほんの少し大きく、高い価格設定です。この辺は微妙で、車高だけでみるとヴェゼルの方が高いので此方の方が大きく見えます。価格もアイサイトが付いている分XVの方が高いって感じでコストパフォーマンスはほぼ同じと考えていいでしょう!

 

*参考ブログ:車は下取りより買取<<車を安く買う方法

 

【ヴェゼルの値引き】

12月20日に発売が開始された、コンパクトクラスのクロスオーバーSUV【ヴェゼル】。フィット3をベースにエンジン、プラットフォーム、センタータンクレイアウト、ハイブリッドシステムなどほぼ同じで、ホイールベースやトレッドはフィット3より大きく、ボディサイズは全長4295mm×全幅1770mm×全高1605mmで車幅が3ナンバーの車になっています。(FIT-3は5ナンバー)

フィットや他のハイブリット搭載車でもそうですが、ハイブリッド比率が9割近く、ガソリンモデルの拡販に力を入れなくてはならず、ハイブリット以外のガソリン車では新車としては高い値引きが報告されています。
値引き目標額は、「ハイブリッド車:5~8万円・ ガソリン車:15~20万円」が最大値引きの目安となります。

値引き交渉で重要なのは下取価格です!

ー下記の一括無料査定のサイトで今乗っている車の買取金額を調べれば下取り車を高く売却することが出来ますー
↓ ↓ ↓
あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド

*ホンダ ヴェゼルの値引きについて!
参考にさせてもらったのがこちらの記事です<<ホンダヴェゼルの評価【納期と値引き】

 

【ホンダ初のHV-4WD】

新型3代目フィットのハイブリッド4WDが来年1月に発売されますが、SUVスタイルの派生車種【ヴェゼル】が12月19日(木)に発売されました。昨年の『東京モーターショー』でお披露目になったそのままのデザインでデビューしました。
この新型フィットがベースのコンパクトSUVは、仮称【フィットSUV】として呼ばれていたが(HR-Vの後継車的車なのでHR-Vのネーミングになるかもしれない)などと色々な噂が飛び交いましたが、今年の東京モーターショーで【ヴェゼル(VEZEL)】と言うネーミングに決定しました。

『ヴェゼル(VEZEL)』とは、カットした宝石の小さな面「Bezel」と「Vehicle(クルマ)」を掛け合わせて作った造語で 宝石の様な輝きをもった「多面的な魅力と価値を持つクルマ」と言う意味だそうです。

競合車はずばり『日産ジューク』です。ジューク程尖がった個性的(アクの強い)デザインではなく、誰にでも受け入れられるデザインで登場しました。サイドビューも気を衒ったところはないですね!?

002_o

そしてもう1台は『スバルXV』、どちらもハイブリッド+4WDの設定を設けサイズもほぼ近く同じカテゴリーの車です。

『ヴェゼル』の価格は187万円から268万円、FFガソリン車からハイブリッド4WD車までと価格帯に大きな差があります。
この車を買うのであれば4WDになるでしょう?(ホンダの意向はFF車を売りたいようですが!?)

予定通り来年4月に8%へ消費税増税は実施されました。それではいったい、クルマの購入や売却のタイミングはいつがベストなのか?

⇒5月以降、新車の販売台数は9月まで全ての月でダウンしディーラーも必死です。その分値引きやアクセサリーのサービスなど購入者側に有利な状況です!

でも、今、この車をオーダーするとかつては納車は約3ヶ月待ちでしたが、今は殆ど解消し翌月には納車出来る状況です。
出切れば今月中にディーラーで納車期間を再度確認した方がいいですね!

関連記事