車についての情報を日々更新します

消費税アップと新車の購入時期

 

最近のブログ<<<ホンダヴェゼルの評価【納期と値引き】

*車買取情報サイト<<車買取業者の選び方【ガリバーなどの評判・比較・ランキングなどの紹介】

683906daf55d146518cf3390260a6cf7-300x207.jpg

【PART1:新車購入と消費税の関係】
いよいよ今年の4月から消費税が5%から8%へ引きあがります。
100万円の車で105万円⇒108万円へ!
200万円の車だと6万円も税率が上がってしまいます。
・今の車を新車に買い換えようと考えていた!
・古い車なのでエコカーに変えようかと考えていた!
・ガソリン代が高いので燃費の良い車に買い換えを考えている!

こんな方々は消費税増税前になんとかしようと考えています

本体価格¥200万円の車を購入しようと考えていたら、単純に考えると
【増税前】なら消費税5%ですから¥210万円が、【増税後】だと¥216万円=6万円アップ
*6万円あったら好きなオプションを追加購入出来ますよね♪

ここで、消費税増税前に知っておきたい事が2つあります。
1.消費税増税前に車を買い換えるとしたら、いつがベストか?
2.消費税増税の影響は中古車下取り価格に影響するか
今回の消費税増税で車を買い換えする場合に一番重要なことは、2014年4月の増税前に、新車の登録を行わなければならない事です。購入しても登録が4月以降では消費税が8%かかってしまいます。

つまり、車の適用税率が決まるのは【新車の登録時】なのです。契約時でも納車時でもありません。
陸運局で登録が認可されナンバーが付いた日が、3月中なら消費税は5%、4月以降なら8%です。

あなたが購入を検討している車が人気車種だったら?納車まで2~3ヶ月かかる車だったら?
だとすれば、2014年3月に買いに行ったら手遅れということになります。

551c9b4e4251b43a94aa0593d7785293.png

①アナタの欲しい車の納期情報をまずは確認する
②納期情報から逆算し、購入時期を考える
③その割り出した購入時期のうち、一番販売店が安くしてくれそうな時に買う。

『2014年新春大売り出し』か『2014年2月中のセール』です。

⇒新車の場合は、この時期までに買い替え商談しないと手遅れになります。

そして、今の時代は新車を購入するときは今乗っている車を、下取りではなく車専門買取業者へ売却するのが当たり前の時代になってきました。下取り価格と車専門買取業者への売却ではあまりにも価格に差が大きいのが一番の理由です。
しかし、どの車専門買取業者がいいか?、どうやって売却するかで考えている方が相当多いのが現状です。
そんな時便利なのが、『ガリバーのオンライン無料出張査定』を活用する事が一番良い方法の1つだといえます。ガリバーは車専門買取業者の最大手で全国展開で無料出張査定を行っていますし、買取価格も全国区での売買をしているので多くの場合は【最高値】で買い取ってくれるケースが多いんです!!!
このガリバーのオンライン無料買取査定を依頼する方法は下記のサイトをクリックして簡単に現在の車の内容(2-3分で記入出来る内容です)を記入し送信するだけ!一度試してみてください♪
 ↓ ↓ ↓
中古車買取実績No.1ガリバー

【PART2:総論】
2014年4月1日から消費税率が8%へ引き上げられると同時に、自動車取得税普通自動車は現状の5%から3%、軽自動車は3%から2%に下がります。
また2015年10月から予定されている消費税率10%への引き上げ時に、自動車税、軽自動車税は共に廃止されることがほぼ決まっています。

一方、軽自動車税は今年4月以降は新車を購入した場合、年間、7200円から1万0800円に50%も上がる事が決まり軽自動車の安い自動車税が普通車と変わらなくなってしまいます。

0-33.jpg

では、いつ新車を買うのがお得なんでしょうか?
某経済新聞によれば以下の3つに分類して試算を出しています。
①14年3月末までに購入し納車される場合
②消費税8%に上がる14年4月1日以降に購入する場合
③10%に上がる15年4月1日以降に購入する場合
この①~③を購入から5年保有した時点でのそれぞれの税負担額を算出しています。
*尚、税制大綱では2015年10月以降に環境性能に応じた課税制度を導入することが示されていますが、詳細が明らかになっていないことと2015年4月時点では導入されないことからこの項目は織り込んでません。

【PART3:車種別購入時期】
まずは日本の生活の大黒柱【軽自動車】から検討してみましょう。

s-26730_img_d45c13869f2abb1bb954df7f6a9431cf2291846.jpg

結論として軽自動車は、消費増税前に購入してください。100万円の「エコカー減税100%対象車」を購入し、5年間保有したとすると、2014年3月末までに購入する場合の税金総額は9万1000円になります。一方、4月以降になると3万円の負担増で12万円をオーバーします。2015年4月以降に購入すると車の支払い額もさらに増えることから、出来れば3月までに新車登録を済ませられる軽自動車を購入してください。

減税が適用されない車は、取得税と重量税の優遇がない分、負担が大きくなります。消費増税のタイミングに合わせて、税金の支払額が大きくなるのは、減税対象車も適応されない車も変わりません。

特に、軽自動車は消費税と共に軽自動車税が上がる影響が一番大きな要因として挙げられます。

次に【普通車】はどうでしょうか?
ハイブリッド車などエコカー減税100%対象車であれば、今年年3月末までに購入登録出来れば税負担を抑えられます。価格が200万円で車重が1.5トン未満の車を購入し、5年間保有した場合の税金の総額は、2014年3月末までに購入登録した場合「28万5500円」、これに対し2015年4月以降に購入すると10万円以上も高くなります。
ホンダの「フィットハイブリッド・アクア・プリウス」などの人気車種は、今購入しても14年3月末~までの登録が間にあわない可能性が高いですから、早めにディーラーに行って状況を聞いてください。

001.png

一方、減税対象ではない車の場合、現状では様子見でいいでしょう。消費増税アップ後に購入しても、現在とそれほど負担額は変わりません。消費税がアップする分、取得税の軽減によって相殺される事が大きな要因です。

093_o.jpg
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ーーー皆さんの「新車購入時」の参考にして下さい。ーーー

 

★駐車場を探している方必見<<軒先パーキング

 

今が買い時の車、愛車は下取り?

それとも買取?如何に安く新車を購入するかは、新車の値引き以上に、今乗っている車の価格がいくらなのか?が重要なポイントです。

買取会社(ガリバーなどの大手買取会社)で値段を調べて下さいね!

下取りに出すにしても「ガリバーでは○○円での条件提示がありましたよ!」などの一声で下取り価格も変わってきます。

何故ならディーラーは新車を売るだけではなく、下取り車でも設けも計上しているからなんです。
買取会社への連絡は簡単、此処をクリックして今の車の簡単な情報を入力するだけ!
今売れている車を如何に安く手に入れるか!皆さんも下記の公式サイトで検討してくださいね!?

  • ●公式オンライン無料査定はここから●

ya_lw-07

かんたん車査定ガイド

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事