車についての情報を日々更新します

コンパクトクロスオーバーSUV[スバルXVなど]の評価

 

 *参考ブログ<<<スバルXV・ホンダヴェゼル[ハイブリッド4WD]の比較評価

 *車買取業者の選び方【車買取店の評判・比較・ランキングなどの紹介】

 

 

スバルから2012年10月に発売された『スバルXV』は、翌年6月にトヨタとのの提携でスバル初のハイブリッドモデルを【スバルXV】に搭載し発売しました。
この【スバルV-ハイブリッド】はプレミアムコンパクトSUV-ハイブリッド4WDとして大人気車種になり、現在【スバルXV】の売り上げ台数の約80%がハイブリッドモデルとなっています。

ハイブリッド搭載に伴いエンジンのFB20型はフリクション低減を行いハイブリッド専用仕様にし、トランスミッションは既存のリニアトロニックをベースにプライマリープーリー後方にハイブリッド用駆動モーターを一体化した専用トランスミッションを採用し、ガソリン車と同じフルタイムAWDを採用しました。
仕様もガソリン車と差別化し、アルミホイールは剛性を高めた専用デザイン、ヘッドランプのポジションランプもクリアブルーのインナーレンズとホワイトバルブに変更し、リアコンビランプはテールランプの形状をヘッドランプをモチーフとした形状にしアウターレンズをクリア化でガソリンモデルとの差別化をし、更にボディカラーはHYBRID専用色の『プラズマグリーン・パール』を設定しました。
lineup_hv_pict

一方、ホンダから新しく出た【ホンダヴェゼル】は、フィット3をベースにフィットとは全く別のコンパクトクロスオーバーSUVとして昨年12月に発売された車です。
現在ハイブリッドシステムのモデルは生産が間に合わず、FF/4WDとも納車4ヶ月待ちと言う状況です。今購入して3月までに納車可能なモデルはガソリン車モデルですがこれも早めに商談しないと4月以降の登録となってしまうので今が消費税アップ前の購入ギリギリの時期です。
ヴェゼルスバルXVが従来のトヨタ車同様ニッケル水素電池なのに対して[リチウムイオン電池]を搭載し、よりコンパクトでパワーアップした高機能バッテリーを搭載しています。その結果、XVより燃費も良く、ガソリンモデルでもFF車で[20.6km/l]、4WD車でも[19.0km/L]とスバルXVのハイブリッドモデルの燃費[20.0km/L]とほぼ同じデータをたたきだしています。このデータでも分かるようにこのヴェゼルはガソリンモデルも燃費は良く、走りもハイブリッドモデルよりはパワーが落ちますが普通に走る分にはこれでOKなので魅力的な車だといえるでしょう。
img_0051ea88e39183c59d87fc8d45940e6a3759359-thumbnail2

このコンパクトクロスオーバーSUV市場は【ホンダヴェゼル】の新規参入により、この分野での今後の新たな展開が楽しみな状況になってきました。

 

 

 

 

 

*ホンダヴェゼルのサイト<<ホンダヴェゼルの評価【納期と値引き】

*スバルXVのサイト<<スバルXVの最終値引きとこの車を選んでどうだった?

また、今の時代は新車を購入するときは今乗っている車を、下取りではなく車専門買取業者へ売却するのが当たり前の時代になってきました。下取り価格と車専門買取業者への売却ではあまりにも価格に差が大きいのが一番の理由です。
しかし、どの車専門買取業者がいいか?、どうやって売却するかで考えている方が相当多いのが現状です。
そんな時便利なのが、『かんたん査定ガイド』です。【最高値】で買い取ってくれる買取店へ今の車を売却すれば下取り価格より高く売却出来る確立が相当高いはずです。
このオンライン無料買取査定を依頼する方法は下記のサイトをクリックして簡単に現在の車の内容(2-3分で記入出来る内容です)を記入し送信するだけ!一度試してみてください♪
↓  ↓  ↓

かんたん車査定ガイド

ヴェゼルの販売価格はグレードやパッケージなどで変わってきますが、低価格という点で「ヴェゼル」はかなり頑張った価格設定をしています。
ハイブリッドモデルのエントリーカーの【ヴェゼルHYBRID】が219万円というのは、1.5Lに対して32万円高ですが、SUV入門者でも買いやすい価格です。
しかし、ガソリンモデルでは1.5Lのエントリー価格の187万円は、ガソリンモデルでのライバル車【日産ジューク】に対しては少し割高ですがこれはプレミアム性の観点で考えれば仕方が無いかもしれません。

一方、【スバルXV】は2.0Lでスバル自信のシンメトリアル4WDのみの設定にもかかわらず、【ホンダヴェゼル・日産ジューク】と価格帯で競合するのは楽しさや魅力を含めて4WD車で考えれば、美味しい話、お買い得感は当然ありますね!

【日産ジューク】にはガソリンモデルしかありませんが、あの尖がったスタイルが気に入ればこの車は良く出来た完成度の高い車です。
E38380E382A6E383B3E383ADE383BCE38389-thumbnail2

日産の親会社、ルノーから【キャプテュル(CAPTUR)】と言う名前でジュークと同じプラットフォーム(車台)で作られたモデルが今年の3月15日にジュネーブモーターショーでワールドプレミアとしてデビューします。
キャプテュルのボディサイズは、全長×前幅×全高:4120mm×1950mm×1586mm、ホイールベースは2624mm。全長がジュークより少し短い程度(ジューク比マイナス15mm)でほぼ同じサイズ、流線が美しいSUVスタイルもジュークデザインの流れを汲むヨーロピアンスタイルです。
インテリアはエアコン吹き出し口の位置など一部の変更が必要な箇所以外はジュークと共通していますが、基本的にはルノー独自の別デザインが採用されるようです。
515393

 

 

 

 

 

 

【スバルXV】は4WD機能を優先する雪道や悪路走破性などで他車を圧倒する実力を持ったスバルの自信作。雪道走行が多いのであれば購入対象として私は推薦します。

最後に、【ホンダヴェゼル】ですが、ジュークと同じガソリンモデル、XVと同じハイブリッドモデルの両方を持ち、スバルXVとは完全に競合する車です。よりインテリアの質感、シートや室内空間の広さや実用性などの面で前の2車を圧倒し、SUV車を初めて購入する方や雪道、待ち乗り、ドライブなどオールラウンドでの使用をする多くの方々には一番のオススメの車だといえます。

 

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 




↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド



↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事