車についての情報を日々更新します

スズキ【ハスラー】評価、納期、値引き

 

 

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く買った報告ブログ

 

 

 

スズキはハスラーを2013年12月24日に発表し2014年1月8日に発売しました。ジムニーで培った本格的4WD車で、人気の「セミハイトワゴン」と「SUV」的要素を併せ持った「クロスオーバーカー」で軽自動車では新しいカテゴリーのクルマです。

「海に、山に、そして街乗り」でも思い通りに使える楽しい車で、今コマーシャルで盛んに登場しています。
スズキはジムニーで培った本格的4WD車があるが、ハスラーは軽で人気の「セミハイトワゴン」と「SUV」を融合したクロスオーバーカーでカテゴリーが違う新しいジャンルのクルマです。
最近の軽自動車はあまりにも実用性重視で、燃費や広さなどの実用性を追求した車ばかりなので、軽自動車としてのレベルは相当高くなった反面、全く面白みのない車が多く、単なる移動手段の金のかからない車ばかりで、運転の楽しさや魅力などの楽しい遊び心のある車は殆どなくなっていました。ですから、軽自動車は面白くないと言う市場のマーケティングから『遊べる軽』をテーマとして発売された車です。

 

*最新のブログ<<<ホンダヴェゼルの評価【納期と値引き】

*車買取情報サイト<<車買取業者の選び方【ガリバーなどの評判・比較・ランキングなどの紹介】

 

この新型スズキハスラーの価格はワゴンRがベース車両で作ったモデルなので開発費がその分少なく、相当安い価格設定になっています。タイプは[A・G・X]で[G]以上に4WDとターボモデルが設定され、『1,048,950万円~1,618,050円』が標準価格です。そして嬉しいのは一番下のAグレードにFF・4WD共にマニュアル車がラインナップされた事です!最近の車は軽自動車も含めてMTシフト車がほとんど無く、OEM生産のマツダ車にはMTはありません。

◆ハスラーの4駆機能には軽自動車初となる「ヒルディセントコントロール」「グリップコントロール」が装備され、ベースのワゴンRより約8万円アップはかなり頑張った低い価格設定だと言えます。

最近の軽自動車はあまりにも実用性重視で、燃費や広さ、実用性を追い求めた車ばかりで、クルマのレベルは高い反面、面白みのない単なる移動手段の道具になり、運転の楽しさや魅力などの遊び心のある車が少なくなっていました。そんな軽自動車は面白くないと言う市場のマーケティングから『遊べる軽』として発売された車です。

*参考サイト<<スズキハスラーの評価【価格・値引き・購入】

【モデルカラーのパッションオレンジツートンルーフ車】
HUSLER_002_s

キャンプで山や海へ、そして自慢の四駆システムでスキー&スノボも楽しめる、またサーフィンやフィッシングなどのテーマに沿った色々な装備が沢山有り、追加オプションも豊富で貴方だけのパーソナルカーに仕立てていく楽しみも備え合わせています。自分の趣味に合った専用オプションアクセサリーなどを備えていけば、こんな楽しい車はありませんし色々なカスタマイズを楽しんで下さい♪

標準装備のアクセサリー類の一例ですが、楽しくなりますね♪多くのユーザーはこの標準アクセサリーだけで十分満足出来るはずです。詳しくはPC出検索したり、ディーラーのパンフレットを参照してください!

【サーフで使うにはこのサマーブルーメタリックツートンルーフ車もいいですね!】
images

【豊富なカップホルダー&収納ボックス】

 

img17.jpgimg20.jpg

img11.jpgimg22.jpg

エクステリアとインテリアは、ぱっと目を光るキュートなデザインで、オプション設定のルーフのカラーを変えたツートンカラーは往年の[ミニクーパー]を彷彿させます。

entry_img_1830.jpg

エクステリアとインテリアは、ぱっと目を光るキュートなデザインで、オプション設定のルーフのカラーを変えたツートンカラーは往年の[ミニクーパー]を彷彿させます。
*写真はアクセサリーのストライプスタイル装着車

◆一方、インテリアはとにかく実用的なアイテムが一杯!!!

【おしゃれで、遊び心のあるカラーパネル】
img02.jpg
【実用的なマルチインフォメーションディスプレイ】
平均燃費、航続可能距離、タコメーター、エコスコア(CVT車)などの表示やイグニッションON/OFF時に面白いアニメーションを表示し運転が楽しくなります。
img03.jpg
【ボディーカラーとマッチした、鮮やかで個性的なシートパイピング】
img06.jpg

このハスラーと言うネーミングは、長い間スズキのオフロードバイクに使用していた歴史ある名前で、スズキはこのハスラーにその名前をつけたことから相当力の入った車であることも分かります。
例えば4WDシステムも「ヒルディセントコントロール」と「グリップコントロール」を採用(前者は急な下り坂でも超低速の7km/hを維持して走行可能、後者は滑りやすい路面ではスリップしているタイヤにブレーキをかけ、グリップしているタイヤに駆動力を集中させて発進をスムーズにする機能)し、スズキ自慢の「エネチャージ」機能で燃費は29.2~25.0km/Lの高燃費を実現しています。

軽自動車に一大革命を起こしそうな『ハスラー』。スズキは月間5,000台の販売目標を立てていますが、12月から既に受注を開始して既にかなりのオーダーが入っています。

スズキの販売店を経営している自動車修理工場の知人からの口コミ情報では、モデルカラーのオレンジ(ツートンカラー)は既に生産がオーダーに間に合わず納期未定はかなり長引きそうです。
納車にはかなりの時間がかかることが予想されます。もし購入を検討しているなるら、そして4月からの消費税アップ前に納車希望であれば、早々にスズキのディーラーに行き「試乗車」に乗り車をよく見て、そして早めに商談を開始してください。

*参考ブログ<<スズキハスラーの購入ブログ

 

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 




↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド



↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事