車についての情報を日々更新します

新型FIT3の評価【値引き・性能など】

2013.12.17

*最新のブログ<<<ホンダヴェゼルの評価【納期と値引き】
*車買取情報サイト<<車買取業者の選び方【ガリバーなどの評判・比較・ランキングなどの紹介】

 

 

3代目ホンダフィット。9月7日にデビューしました。
先代2代目フィットも良い車ですが、安い分内装などがプラスティキーで(泣)、、、!
新型はより「プレミアム感」が高い車となり、小さいけれど上質で居心地の良い車に仕上がっています。

new2.gif

20130709231816423.jpg
大きく変わったのは内外装のデザインだけではなく、パワートレインやハイブリッドシステムまで全て一新!
この車で最近コンパクト市場を独占してきたトヨタアクアと比べてどこがどの位、違うのか?

貴方が新型フィットへの乗り換えを考えているのであれば、次の項目の準備をしてから行動してください。

1.自分が欲しいグレードなどそのは価格表から、欲しい車を決めて具体的に交渉をしてください。その際、ディーラー営業マンからは「早く契約しないと納車時期が遅れます。」などと言われても、「今の車の車検も残っているし、新型は少し発売直後よりこなれてから購入した車のほうが品質の誤差がないので!」などといって、買うを気はあるが、急いでいない!などの意思表示をはっきりしてください。

2.値引きは基本的にゼロ。交渉中に3-5万円程度はお付き合いのある営業マンなら出してきます。これに必要なオプション品(5-8万円程)までのサービスが取れれば良いですが、これには下取り車「有り」の条件つきが殆どです。

3.下取り車有りと無しは、口頭で言ってはきません。話が進んだ段階でディーラー営業マンは見積書を必ず提示してきます。この中に「下取り車」の項目があり、ここに必ず下取り価格が記載されていますから必ず確認してください。そして最後まで下取りの約束はしないで、下記ガリバーなどの買取店での無料査定を受けてください。

↓↓↓

フィットが下取り車の場合はホンダもかなり高い下取り価格を提示してきますから、そのまま下取りに出すのが一番でしょうが、もし買取のほうが高いのであれば信頼の出来る大手買取店に売るのが一番です。

4.同時に見積書には納車費用や車庫証明手数料など細々とした諸費用が記載されています。納車費用は払う必要はありませんが、営業マンから「新車の点検や配送量」などといって、お店に車を取りに行っても差し引く事が出来ないなどといってくるケースが多いですから注意してください。新車の販売書類に納車費用は顧客側でカットできる事が正式に記載されていますからカットを請求してOKです。
車庫証明は車車庫の「見取り図と配置図」を自分で書けば警察への申請は対外サービスで営業マンがやってくれます。それと、下取り②出す場合は「下取り手数料」なんていう意味の分からない経費を請求してくる場合もありますね、、、!

5.新型フィットの選択肢は広いですが、もしハイブリッドの購入を検討しているなら[トヨタ アクア]だけを対向競合車種に絞って交渉してください。同じコンパクトカーでもビィッツ、ノート、デミオなどの車と競合しても、これらの車の見積書は全く無駄で足だけ損します。しかし必ずアクアの見積りは行って下さい。
アクアも新型フィットの発売を意識して6月頃からキャンペーンや値引きの拡大を図って20万円引きなどの数字も出ています。そして『アクアの可愛いデザインも好きだし、トヨタのHVは成熟して信頼性・合理性でホンダより上ですよねぇ~?』などといった言葉で競合を少しでも煽ってください。ただし、「新型フィットを買いたい意思が一番強いが問題は値段なんですよね!」といった気持ちは営業マンに伝えて下さいね!

6.競合は他社のアクアだけではありません。ディーラーの競争相手は経営の異なるホンダの他のディーラーなんです。ホンダ同士の競合が旧3店舗あったホンダディーラーが多い地域では一番効果的な場合もあります。

icon_fix.png
★以上の6項目に絞りましたが、ケースバイケースで色々な事象が発生する事もありますね。基本は新型フィットを良く知りいい車であることを確認し、貴方と合った信頼出来るディーラー営業マンから車を購入する事です!!!
kousyou.gif


買い物する時比較しますよね。ディーラーの下取、ガリバーの買取
どっちか有利か愛車の値段も較べてみないと。

↓↓↓

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定

【自分の欲しいモデルは何か?】
新型FITは1.3L、1.5Lのガソリンモデルとハイブリッドの3系統からの選択肢があります。
1,3Lは120万~150万円、1.5Lは150万~180万円、そしてHVは169万~190万円。HVからスポーツモデルや低価格設定モデルまで色々あります。
貴方自身がそのクルマに何を求めてどんな走りを期待するかで選ぶグレードが決まってくると思います。

【新型フィットの3つのカテゴリー】

images (4).jpg

【年間走行距離が1万キロ未満の経済性追求車を求めるなら♪】

⇒販売価格の安い1.3Lモデルが実用車としてベストでしょう。HVとの価格差が30万円安く、燃費もガソリン車としてはTOPクラスのクルマ。トータルコストでベースグレードの13G(120~130万円)かFパッケージ(130~140万円:スマートキー、プライバシーガラス、電動ミラー等の実用装備付き)で十分満足出来るクルマです。

【新型FITにスポーツ性を求めるなら♪】

⇒経済性を一番に推奨するクルマのFITだがあえてスポーツ性を求めるなら1.5LのRSでしょう!
HVにも今回からRS仕様が出来ましたが、出力は1.5LRSが132psに対しHV-RSは110ps。そして最大の違いは1.5Lガソリンモデルには6MT装着車があることで、1.5-RSがよりスポーツ性能が高いと言えます。
エコカー減税は50%(HV-RSは100%)に落ちますが、走りを味わえるチューニングとスポーツシート、本皮ステアリングやシフトノブ、ステンレスペダルなどの装備も魅力的なクルマですね!

そして私が一番のオススメモデルは[ハイブリッドLパッケージ]

当然HVなのでエコ減税100%、基準のHVモデルより11万高い180万円だが、プラス装備はクルーズコントロール、LEDヘッドライト、本皮ステアリング&シフトノブ、コンビシートなどが追加装備されています。街中走行も長距離クルーズも全てこなす車で、今乗っている車よりフィットがダウンサイズになる方にはこれだけのハイグレード装備が付いたモデルなら満足出来るはずです!!

 

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 




↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド



↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事