車についての情報を日々更新します

フォルクスワーゲンUPの値引きと評価

【PART1】ーUPの評価ー

フォルクスワーゲンUPは2012年度のRJC(特定非営利活動法人 日本自動車研究者&ジャーナリスト会議)が選ぶ、その年のもっとも優れた輸入車に与えられる「 RJCカーオブザイヤー、インポート部門」を受賞しました。

images (3)

1347945091-resize-655-426

個性的なデザインやその利便性、堅牢なボディに、クラス最高の室内空間。従来のVWで一番小さなモデル「ポロ」よりもさらに小さく、日本の軽自動車とコンパクトカー(ホンダフィット、トヨタビッツなど)の中間サイズは日本では道幅の狭い都会の足としても大変重宝な存在です。

日本の軽自動車にも衝撃を与えたヨーロッパから来たミニマムコンパクトカーです。

また、フォルクスワーゲンはクラスレスな最新性能と安全性を併せ持った車としてUPを新たに導入しました。

フォルクスワーゲンUPを実際に購入した知人の口コミ評価を報告します。知人は購入後10,000kmを走行した時点で改めてUPに高い評価を加えました。
グレードはHight UP(トップモデル:186万円)でクルーズコントロール付なので高速走行がとても楽で、仕事で良く行く名古屋(東名(東京⇔名古屋往復時)に重宝しています。燃費は高速道約25km/l、街中走行で約17km/l、平均燃費は高速道路 約5,500km:一般道路 約45,00kmで20.5km/lとリッター当たりの燃費は20km/lを上回っています。(ただしハイオク仕様)

満タン35Lで約700km走る事が出来るし(名古屋往復が可能)、シートの出来が良い為、ロングドライブでも今までの車と違って全然腰が痛くならない!といったコンパクトカーの領域以上の満足度が得られた車との評価でした。

一方、ドイツ本国では設定のある6MTが日本では設定がないのが残念とのことが残念、しかし裏返せば、マニュアルでの運転をしたいほどのドライブフィーリングが良い車だといえるでしょう!?

【PART2】ーUPの値引きー
発売以来凄い人気のUP,当然値引きなどは期待できないと思うでしょうが、実際に知人が購入した時はどうだったのでしょうか?

車の購入には一定のルールや条件があります。その定義の上にのって、ディーラー営業マンの言うとおりに商談をすれば値引き額は僅か3-5万円位がアップの平均相場のようです。

この人気車を20万円引きで購入しました!!!どうしたらそんな額を引き出せるのでしょうか?

それは今乗っている下取り車の査定価格にかかっています。如何に下取り車を高く売るかで貴方の支払額を少なく出来るか!が決まるのです。

フォルクスワーゲンUPの値引き額の目標は『20万円』と思ってください。この値引き額は知人が購入した時の値引き額です。

◆皆さんは下記のような方法で車の購入交渉を行っていませんか?
1.雑誌やインターネットなどで値引き額目標額を調べてから交渉する
2.競合車の見積もりを取ってライバル車と競合させる
3.営業マンをしぶとく説得し、値引き交渉をする

しかし、ディーラー側は積極的に値引き交渉してくるお客様ほど抜け落ちているポイントを上手く利用して商談を進めてきます。ディーラー営業マンは場合によっては、お客様との商談で[下取り調整]という下取り車の価格調整で値引きを上乗せしたかのようなテクニックを使っています。下取り調整とはまた後で説明しますが、要点は〔下取り車有り〕〔下取り車無し〕の両方で見積もりを必ず取るようにしてください。

もし下取りに出さない場合はガリバーなどの車買取業者で買い取り価格を聞いて、ディーラーの下取り額と買取業者の買取額でどの位値段に差があるかを調べてください。多くの場合車買取業者の方が車を高く売ることが出来ます。
1. 複数ディーラーで見積もりを取る
フォルクスワーゲンの正規ディーラーは“フォルクスワーゲンジャパン ”とトヨタ系列の“フォルクスワーゲン DUO”の2つがあります。両方で見積もりを取るほうがいいでしょう。一般的にはDOU店の方が値引額は大きい傾向にあります。フォルクスワーゲンUPと競合する車(国産ではフィットやノート、外車ではフィアト500など、アクアは今が旬なので競合車にはしないほうがいいでしょう)で見積もりするのもいいでしょう!

2.月末、決算時期に見積もりを取る
どこのディーラーも決算月があります。3月・9月や12月がねらい目です。また、月始めより月半ば以降に商談しましょう。ディーラー営業は月度販売目標があり値引きが大きくなる傾向があります。

3.今の車を買い取り査定に出して下取り価格の高いところに出す。

新車を買うときの鉄則として『下取り車をどうするか?』を最後の段階で決めましょう!必須で行うことは見積もり書は〔下取り無し〕を貰う事を忘れないで下さい。
先に記載しましたが、ディーラーでは値引きに見せかけた下取り調整をすることが間々あります。下取り調整とは下取り車の本当の価格が80万なのに50万円しか計上せず、その差額金の30万円を値引き額に上乗せし値引きが高いように見せかける方法です。これを避けるためにはくどいですが必ずガリバーなどの『買取業者』に査定してもらってください。査定は無料で自宅まで来てくれるので簡単に出来ます。ここで買い取り価格が同値ならディーラーで下取りに出してもいいでしょう。
これで、「下取り調整」というディーラーの罠にはまらず適正価格以上で下取り車を売却出来て正確な値引き額も分かります。

もし下取りに出さない場合はガリバーなどの車買取業者で買い取り価格を聞いて、ディーラーの下取り額と買取業者の買取額でどの位値段に差があるかを調べてください。多くの場合車買取業者の方が車を高く売ることが出来ます。

【PART3】ー下取り車の市場価値ー
フォルクスワーゲンUPを購入する方の多くは下取り車として国産のコンパクトカーに乗っている方が多いと思います。大きさ的にUPは国産車の軽~コンパクトカーの中間サイズで街中の買い物や通勤などの短距離走行に適した車で(実際にはロングドライブも十分に出来る車ですが!)この規格は国産コンパクトカーに近い規格で、これらの車は、今一番売れ筋の中古車です。

普通、車の残価設定は1年で60%づつ落ちます。つまり150万円で購入した車は翌年には90万円、2年後には54万円と下がり平均6年で残価償却し下取り車としての価格は0になります。しかしこれは普通車全般での話で、人気のあるコンパクトカー市場では6年落ちの車でも結構な下取り価格が付く場合が多いのです。

このクラスの販売にディーラーが最も力を入れているのは、下取り車での儲けも加算してこのクラスの車に力を入れ新車をドンドン出してきています。

裏を返して考えれば良く分かる事ですが、フォルクスワーゲンUP購入時の下取り車は買取業者でも高い価格で売れる車なのです。ですから貴方の下取り車がコンパクトカークラスの車であれば尚更ガリバーなどの下取り業者に買い取ってもらった方が高い価格で売ることが出来ます。

【PART4】ーUPの競合車ー
フォルクスワーゲンUPの競合車を私なりに考えると以下の車達がライバルとして挙げられます。
①スズキ スプラッシュ
スイフトがベース車両のヨーロピアンスタイルで仕上げた車。排気量が1.2LとUPより200cc大きい。キュート なデダインと出来の良いベース車両(スイフト)で国産コンパクトではピカイチの存在。
70100710680.jpg

②トヨタ アクア
トヨタが2011年12月より発売しているハイブリッドコンパクトカー。ハイブリットなので燃費では、JCO8で 35.4km/L、10.15で40.0km/LとUPを凌ぐ経済性の高い車だが、あくまで待ち乗り車の領域でのライバル車。
K0000325705 (1).jpg

③フィアト500
日本販売モデルの搭載エンジンは1.2Lと1.4L、5速シーケンシャルミッション(1.2スポーツのみマニュアル)が搭載されたフィアト自信のモデル。2010年モデルでは1.2L全車にアイドリングストップ機構を標準 装備する。
個人的には一番乗りたい車(車はカッコが勝負!?)。このデザインは他に類を見ない個性を持っている。
70101910655.jpg

◆フォルクスワーゲンUPと国産車の比較をしてみます。UPは3グレード(149万円・169万円・189万円)。この価格は国産コンパクトクラスの人気車種(フィット・アクア・ノートなど)の中-上級グレードとほぼ同じ、これらの上級グレードにアクセサリーを加えると稀に200万円を超えてしまいます。

2012年ワールドカーオブザイヤーを獲得したUP、何故こんなに安いのか?実はドイツ本国ではなく隣国「スロベキア」で生産されているのが大きな要因です。かといって品質はVW自慢の高剛性・高質感をそぐことなく満足度の高い車に仕上がっています。

さらに豊富なアクセサリーを加えると流石に金額は200万円を超えますが、豊富なオプションを付けると、こんなSUV風スタイルの車にも変身出来ます。

004f4a9d-s.jpg

 

内装にもこだわりのUP!ダッシュボードパネルやカーナビもこんなお洒落な色(赤)で統一する事も出来るんです。
images.jpg

こんな【フォルクスワーゲンUP】、一家に1台の車としても使えます。軽自動車並みのコンパクトサイズでいながら街乗りから
長距離ドライブまでこの1台でOKですね ♪ もしコンパクトカーで何にするか迷っている方は是非この車を候補の1台として検討してみてください。出来れば試乗してみることをオススメします。きっと気に入ると思いますよ!?!

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 




↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド



↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事