車についての情報を日々更新します

スバルXV ハイブリット の値引き

2013.07.18

*参考ブログ<<<スバルXV・ホンダヴェゼル[ハイブリッド4WD]の比較評価

◆スバルXVにハイブリット車が追加販売されました。スバル初のハイブリットです。今、好調なスバルからまたもや『直球勝負』の車が追加されました。
スバルXVハイブリットは今一番人気のクロスオーバーカーでしょう!スバル独特の水平対向2.0L DOHCエンジンに高性能なモーターとバッテリーを結合したシンメトリカルAWD車です。

*左右対称・低重心という資質を損なうことなくハイブリッド車に仕上げ、「燃費性能+動力性能がUP」そしてハイブリッドカーで犠牲になりやすい運動性能、居住性や使い勝手などを損なうことなく仕上げられたクルマです。

何故ハイブリットなの? それはトヨタとの関係でスバルにもハイブリット車を搭載しなくてはならないからなんです。

では何故XVなの? スバルは独自の技術で海外向けにはディーゼルエンジン車を販売、国内でもレガシー、フォレスターなど順次ディーゼル車の追加販売が予定されています。でもディーゼルエンジンは比較的排気量の大きい車、逆にハイブリットは排気量が小さい車でそのメリットが引き立ちます。だからXVに搭載したのです。

車は発売3ヶ月でその製品寿命が決まると言われています。だからモデルチェンジや車種の追加時には多くの資金を投入します。TVのCMへの資金投資やディーラーへの追加支援金などで売り上げ台数の促進をメーカーは行います。
【2013年6月発売~現在販売中 価格帯:249~278万円】
K0000525866.jpg
ですから、意外かもしれませんが発売時の新車はTotal額で見ると意外に値引き額が大きくなるのです。

◆現在納車まで3-4ヶ月待ちの人気車で、値引きは非常に厳しい状況の売り手市場の車です。
今までのケースからみて通常の値引き額は5-10万円程度です。

もし、値引きを期待するのであれば仮決算月の9月に交渉することです。今、ディーラー営業担当者と交渉中なら詰めを20日過ぎになるようスケジュールを組んでください。20日以降は当月の営業成績の詰めになり、営業担当者もラストスパートで1台でも多く売りたい時期です。ですから値引額も上がる可能性が高いです。

このような値引きが厳しい車の購入では、少しも出費を少なくするために『今乗っている愛車を高く売ること』にフォーカスを絞った方が懸命でしょう。今の車を普通に下取りに出すより、【ガリバー】などの大手車買取業者に出したほうが必ずといって良いほど下取り車の価格は高くなります。

**つまり「値引き+下取り価格」=出費額の減少になりますよね♪**

そんな人気車種でも値引き交渉のやり方によって大幅値引き額を引き出したケースもあります。その1例として約40万円引きの事例を報告します。
私の知人が5月に購入した「XVガソリンモデル」の27万円引きを遥かに上回る値引き額です。

ーもしこれ以上の値引き例があれば教えてくださいー

『詳細は以下の通りです』
・グレード: 2.0i-L Eyesight(デザートカーキ)
・追加オプション品: ベースキット+フロントグリル+パナSDストラーダ+リアビューカメラ+ETC


・トータル金額合計   2,978,695 円
・値引き金額合計     398,695 円
・トータル支払額合計  2,580,000 円

この金額はスバルディーラーではなくスバル取り扱い店(関東地域)での事例です。オプション品からと車両本体からの値引きが幾らなのかは不明です。

ディーラーより取り扱い店のほうが値引きするかもしれませんね!

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 



↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド


↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事