車についての情報を日々更新します

スバルVXの値引き その3

◆参考:スバルレヴォーグを65万円安く買った報告ブログ

*参考ブログ<<スバルXV・ホンダヴェゼル[ハイブリッド4WD]の比較評価

◆今回はスバルVXの購入結果と値引き額を報告します。【スバルVX 2.0i】の値引き額は20万円でしたが、その他オプション品などを合計すると約27万円の値引き額を獲得しました。

 

1images

 

最初の値引き提示見積書はスバル店3社のディーラーを競合した結果一番値引きが多かったディーラーはBで15万円でした。
友人は、BディーラーのS営業担当者(手でしたが「買って欲しい+誠意」がある)を値引き額だけではなく、今後長い付き合いになるので此処から購入する事に仮決定しました。

最初に書きましたが下取り車はディーラーでの下取り価格と大手買取業者(ガリバーなど)で買い取り額を確認しておく事が大事なんです。殆どは買い取り業者のほうが高金額で現在の車を買い取ってくれます。

友人の下取り車はフィット1500RS(2009年式、距離:38,000km、純正ナビ付)で、デイーラーの下取り価格は65万円(3店とも一緒の価格)でした。一方、ガリバーでの買取価格は85万円。ここで20万の差が付いてガリバーへ売ったほうが良い事が分かりました。
そして肝心なのは、ガリバーでの買取金額をディーラーにはこの時点では言わないでください!
S営業担当者には「何とかもう少し値引きできない?出来ればSさんから買いたいんだけどなあ!」という感じで接し、条件が合えば購入する気があるという雰囲気を見せる事が大事です!

ノルマを課せられている営業担当者の多くは、「お客様の買う気に合う条件を出しました!今、決めていただければ値引き額を20万円まで頑張ります!この金額は上司に掛け合って出した特別な価格なので、是非今日中に決めてください!!」などと言った言葉でS営業担当者も押してきました。これで友人の場合は20万円の値引きを獲得しました。

2images

 

 

 

しかし、ちょと待ってください!この条件は「下取り車あり」の条件だったのです。実は下取り車の下取り価格(65万円)はディーラー下取り価格より安く提示した金額で実際の下取り金額は75万円だったのです。

つまり、VXの値引き額を15万から20万まで5万円上乗せした裏には、下取り車のフィットの下取り価格を65万円から70万円まで5万円増やしただけだったのです。70万円でもまだ上限の75万円まで5万円の余地を残しています。S営業担当者はこれで決めてください!と再度プッシュしてきました。

友人は此処で話をアクセサリー関係の話題に切り替えました。アクセサリーとして付けたいものが数点あるので、このディーラーオプションのアクセサリーをつけて欲しい。

付けたいアクセサリーをS営業担当者に投げかけました!

①ナビゲーション:145,950円 *カロッツェリア楽ナビ、ナビはずっとつけているし必要品です。
②ベースキッド:79,275円 *(フロアカーペット・スプラッシュボード・ドアバイザー・ナンバープレートベース・ナンバープレートロック・カーゴマット)必要オプションから一番安いセットを選択しました。
③リモコンキー キーレスアクセスアップグレードキット:18,900円 *外からエンジンやエアコンの作動が出来る優れもののリモコンキーです。

→ 合計で[244,125円]結構な金額です。でもこれは友人がどうしても付けたいアクセサリーナなのですが、最後の詰めの段階までS営業案当社には言っておらず、今はじめて話したんです。

 

そしてその場は「少し考えさせて!」の言葉を残し午後2時頃、ディーラーから家に帰りアクセサリーの値引き率と金額を計算したところ以下のようになります。

アクセサリー20%Offで[195,300円]、オプションアクセサリー値引き金額は[48,825円]になります。従ってアクセサリー込みの値引き金額は[248,250円]になります。

当然のことですが、諸経費:186,000円の中から車庫証明費用 #1(12,600円)、納車費用 #2(9,000円)合わせて[21,600円]のカットも要求するつもりだそうです。

#1:車庫証明費用:これは警察に届出する駐車場の見取り図を描くものですが、自分で書くと言えば殆どカットしてくれます。そうでなくても営業マンから売りたい客には最初からカットを言ってくるケースも多いですよ!
#2:納車費用は新車を購入者の自宅まで運ぶ費用のみではなく、工場からディーラーまで運ぶ費用分も含まれているのでカット出来ないなどとよく言ってきますがこれは間違いなんです!日本自動車販売協会連合会(自販連)の内容には「納車費用は購入者がディーラーまで取りに来れば請求できない」となっています。でも単刀直入に言っては営業マンとの人間関係にひびが入りかねません。「何とかお願いできませんかねぇ~?」位に留めていっても殆どの場合は上記根拠があるのでカットしてくれます。
これらの準備を終えて、いよいよBディーラーの営業マンBさんからの連絡を待つことにしたそうです。

早々、B営業マンから午後5時半頃電話がきて「ご検討頂けたでしょうか?どうしても今日中にお決め頂きたいのですが!!」との訴えに、家に帰って計算した+値引き金額【アクセサリー+諸費用で48,825円+21,600円】
=合計:70425円のサービス追加を伝えました!

この金額だと、支払い金額は、、、
1.車両本体価格:2,194,500円 → 1,994,500円 値引き額 200,000 円
2.アクセサリー: 244,125円 →  195,300円 値引き額 48,825 円
3.諸経費   : 186,00円 →   16,440円 値引き額 21,600 円

★ 合計値引き額は何と【270,425円】です!!!!!!!
*車両本体価格は消費税抜きですから、此処での値引き額[20万円]の5%=10,000円の支払額が減る事も見逃せません!

ディーラー(販売店)BのS営業担当者はこの内容に「いやぁ、参りましたねぇ!そのお値段は今まで一度もない値引き額」なんですよ!でもここまでご検討頂けたんですから、決済を取りに上司に説得しますから1時間ほど時間をください!」との返答でした。そして結局この価格で了解を取ることに成功したのです!

 

 ===〈下取り車の無料相場チェック〉===

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです。
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。

何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです!

<<<オンライン無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします>>>

 



↓ ↓ ↓
◆一番高く売却出来、安心のお勧め先<<かんたん車査定ガイド


↓ ↓ ↓
◆複数業者の競合は面倒、もし1社に絞るなら<<中古車買取実績No.1ガリバー

 

関連記事