車についての情報を日々更新します

e4WD車の雪道走行

 

クルマ売るならここ<<<carview愛車無料査定

☆近年、日立が製作し日産車やマツダ車に搭載しているお手軽四駆がe4DW、果たしてこんな4輪駆動車でも雪道は大丈夫なのでしょうか?
【写真は現行3代目日産マーチ】

☆このシステムはFF車の雪国仕様として、前輪は従来どおりエンジンで回し、後輪をモーターでアシストして走行するシステム。前輪と後輪は全く別のシステムで回転させるため、通常の4輪駆動車のようにフロア中央に「プロペラシャフト」の盛り上がりがなく、またその分軽量になるため通常の4DWより5%の燃費軽減、15%の軽量化が図れると言う。後輪のモーターが作動して4輪駆動になるのは発進時で時速30キロまでである(30キロ以下でも前輪と後輪の駆動に差がなければ即FFに切り替わる)ただしこの後輪を駆動するモーターはわずか5馬力程度しかなく、雪道での緊急時の脱出や発進時の効果には期待できるが、30キロ以上では例え滑っても後輪は駆動しない。
これに対しトヨタなどが発売している電気式の4WDは速度に関係なく滑ったときには電動駆動が働くがやはりモーターの出力は弱いので、通常の4WDのような安定感を得ることは出来ない。
【写真は現行マツダデミオのキャビン、4輪駆動への切り替えの装備などは一切ない】

☆もし、貴方がe4WDなどの電動式四駆を買うのであれば雪道での低速走行時の効果を求めるのであればお勧めだとは思う!

☆「お買い得車発見!」



 

関連記事