車についての情報を日々更新します

FIATパンダ

2012.12.10

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
「ブログランキングに参加しています!」



イタリア車、FIATは独創的なコマ―シャルと車の魅力が増し今後日本での人気が高まる車種でしょう!?
そんな中から今は発売していない4×4のパンダを書きたいと思います。

◆初代パンダは1980年から販売が開始され4×4(フォーバイフォー)モデルは1983年にパートタイム四駆として登場!
*上の写真は標準仕様、下が4×4モデル

◆2003年にデビューした2代目は、この年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。先代同様、四輪駆動の4×4も設定される。全長×全幅×全高は3570×1605×1635mm。ホイールベースは2300mm。4WD、1.2L車の場合、車重は1060kg。
*私個人的には角ばった初代モデルの方が好きだった!

◆そして今回3代目モデルとしてパリモーターショーでお披露目されたモデルは新型『パンダ』をベースに、オフロード走行に対応したSUVに仕立てたモデル。新型パンダ4×4は通常のパンダに対して、車高を引き上げ、前後バンパーにアンダーガードを追加。ボディサイドのクラッディングパネルも、オフロードテイストを強調する装備だ。
*4WDシステムは、路面状況や走行条件に応じて、前後でトルク配分を行う。ELDと呼ばれる、電子制御デフロック機構も採用。フィアットによると、パンダ4×4が欧州Aセグメントにおいて、唯一の本格4WD車になるという。
エンジンは、ガソリンとディーゼルの2ユニット。ガソリンは0.9リットルの2気筒ターボ「ツインエア」で、最大出力85psを発生する。

◆フィアット 500、今度はSUVが派生…500X を予告!500Xは、小型のクロスオーバーらしい。フィアットと提携関係にあるクライスラーグループが開発中の新型ジープと車台を共用し、2013年には正式発表される見込み!
今後のFIAT、特に私が欲しい4×4モデルに注目したい❢

★もし、車を売却するとき、あなたは下取りに出していますか?⇒車の下取り価格は総じて相場価格よりも安い場合がほとんどです!
私は何時も信頼出来る「車買取業者」の中から一番高値を付けてくれたお店に売却して、その金額を次の車の購入資金に充填しています。
何故なら、下取りに出すより平均10万から最大50万円以上(特に需要の少ない車:スポーツカーなど)も高額で売買出来るからです。

無料査定で一番高い買取店への売却をお勧めします<<売りたい車はまず査定!かんたん車査定ガイド



応援クリックお願いします>>> にほんブログ村 ライフスタイルブログ

☆知らなかった!FIATのキャンピングカーがあったよ❢