車についての情報を日々更新します

スタッドレスタイヤ【ミシュラン・ヨコハマ・ブリジストン】 実際の効果

 【ミシュランスタッドレスタイヤ】

◆従来のXI2と新製品XI3の性能比較デス!実際はどうなのでしょうか(・・? 横浜で交換した新しいXI3は嬬恋までの約200kmを高速150km、一般道約50km走行!山道のカーブも走ったのでほぼ皮むきは終わっている段階です。
*高速走行を含むドライ走行は従来のXI2との違いは新しい分静かだったし高速安定性、ハンドリングもOKでした。

◆我が家の前は前日から積もった雪で圧雪状態の道路状況です!

◆ミシュランの作成した新旧スタッドレスの比較表です!アイスブレーキ性能、ウェットハンドリング、スノーハンドリングが大きく向上しているらしいです(・・?!

◆早々一般道で走ってみました。昨日鬼押し出し有料道路も走りましたが、普通の雪道では全然問題なし!対向車が来ても安心度は高いです!

◆空気圧はメーカー指定の2.4kg、ドライ走行では丁度いいけれども、スノー走行では少し高すぎます。でもあえてそのままの空気圧で走りました!

◆少し融けたシャーベット状の道路でもOK。ただしハイスピードで急ハンドルを切るとリアがすべります。しかし滑り出しが緩やかで一気にすべらないので安心感は高いです❢

圧雪路での急ブレーキや急ハンドルでは殆どふらつきはありませんでした!対向車が来ても安心度は高いです!

 

 

 

 

 

 

 

【タイヤ山はまだ8部山以上残っています】

 

◆我が家のVOLVOと父ちゃん❢このナンバー見たら気軽に声かけてくださいねぇ~(@_@;)❢

 

 

 

【追伸:2014.11月】

【ヨコハマ・ブリジストンとの比較】

◆2014年11月現在、我が家のボルボXC70に装着していたミシュラン エックスアイス(XI3)はスタッドレスとしての使命を終了(約3-4部山)し、この夏にサマータイヤとして使用し、現在はヨコハマ【iceGUARD 5(iG50)】履き替えました。

 

 【オーシャンブルーMからオールペイントでバレンシアオレンジMに変わったボルボXC70】

2014-11-21 08.54.24
2014-11-21 08.56.34

 

まだ、雪道性能は試して以内のですが、履き替え当初は直進安定性があまり良くなく、バンドルの微調整に苦労しましたが、ひと皮剥けて慣らしが終わった頃には気にならなくなりました。
心配していた氷上性能も優れていると思います。ブレーキングやコーナリングで不安や危険を感じたことは今のところはありません。

【ヨコハマアイスガードの評価】
SnapCrab_NoName_2014-11-21_8-14-53_No-00

◆10月に納車されたレヴォーグ1.6GTSアイサイトにミシュラン エックスアイス(XI13)を履かせました。

2014-11-21 08.55.34

2014-11-21 08.56.14

 

 

 

 

【ミシュランエックスアイスの評価】

SnapCrab_NoName_2014-11-21_8-26-44_No-00

何故レヴォーグにミシュラン、ボルボにヨコハマなのか?

それは、クルマの使い分けにあるからです。

◆新しいレヴォーグは主に遠出や高速など、ドライ路面を多く走るシーンが多いことが予想されます。一方のボルボは自宅からスキー場への
移動手段など雪道を多々走行するシーンが増えそうなのです。

◆上記評価グラフをみて頂ければ分かりますが、ヨコハマは雪上性能+氷上性能に優れる反面、寿命が短くなっているため出来るだけドライ路面を走らず、雪氷路面優先での走行性能の評価が高いことでボルボに履かせました。

◆一方のミシュランは氷上性能で多少ヨコハマより劣りますが(実際にミシュランエックスアイスでブラックバーンでのブレーキングテストを数度しましたが、過去一回も波状をきたすような滑りをしたことはありませんが、、、)、ドライ性能に優れ(ヨコハマと同じ5点満点評価になっていますが、筆者の感想では明らかにヨコハマよりミシュランのほうがしっかり感などドライ路面での運転感覚で優れています)、寿命がスタッドレスタイヤとしては長いため、レヴォーグに履かせました。

 

◆では、最大シェアで評価の高いブリジストンはどうなのでしょうか?昨年レボシリーズから最新のVRXと投入し益々高性能化を図ったブリジストンですが、筆者にとって最大の弱点は価格が高いことです。多少の差額なら我慢しますがはっきり言って「べらぼうに高い!」ので履くのはやめています。

【ブリジストンスタッドレスタイヤの評価】

SnapCrab_NoName_2014-11-21_8-46-18_No-00

 

同じサイズ同士の比較(225/55/17)サイズで実際の販売価格(最安値):1本単価でのデータを公表すると以下のようになります。

1.ブリジストン ブリザック VRX     17,950円
2.ブリジストン ブリザック REVO-GZ     15,500円
3.ヨコハマ アイスガード ig50             13,200円

4.ミシュランエックスアイス XI3       12,050円

 

◆何とミシュランより最新のブリザックは約1.5倍も高いのです。安全には変えられないといっても、ミシュランエックスアイスで滑り、波状をきたしたことは一度もありません。

 

◆タイヤ1本で約6,000円、つまり4本で24,000円も違ってくるとさすがに考えますね?ヨコハマとの差額でも4本で19,000円の差があり、実際の性能差は走るシチュエーションによって異なりますが、ほとんど差がなら、スタッドレスタイヤも用途別に考え、コストパフォーマンスの高いタイヤを選ぶべきではないでしょうか!?

 

============================

関連記事