車についての情報を日々更新します

スズキイグニス新発売

2016.02.26

スズキ自動車から2月にコンパクトSUV、イグニスが新発売されました。
SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-14-30_No-00

昨年開催された東京モーターショーにてデモカーが出品され2月に発売された新型イグニスは当社のSUVエスクードと軽自動車のハスラーの狭間を生めるクルマとして誕生したわけだがが、どちらとも違った単なる隙間を埋めるクルマではなさそうです!

SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-14-53_No-00

サイズは全長3,700×全幅1,660×全高1,595mmで今のスタンダードコンパクトカーであるフィットやアクア(全長約4m弱)より全然小さく、スイフト(3.8m)よりもやや小さい。
しかしフォルクスワーゲンアップやスマートフォーフォー(3.5m前後)よりは大きくサイズ的にも独自性を出している。
SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-15-51_No-00

インテリアに目を移すとセンスに良いダッシュボードに見惚れてしまう!
ラグジュアリークラスのような豪華装備もないしウレタンパッドなどもない素材はチープなものだが、デザインと作りこみが良いので驚くほどの上質感!
SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-38-27_No-00

SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-15-34_No-00

居住性を見てみるとリアシートのスライドを最大にすると圧倒的な室内空間が生まれる。その分ラッゲージルーム容量は133Lと最大値の258Lの半分近くまで少なくなるがフロントシートに175cmの乗客を乗せてもリアで175cmの乗客がゆったり座れるほどの広さだ!
SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-40-24_No-00

エンジンは1.2リッター直4ツインジェットでCVTのギアとマッチさせている。最大出力は91ps、最大トルク12kgmと特別凄いレベルではないがイグニスのFF車で800kg台、4WD車でも1トンを下回る軽量ボディなので実によく走るクルマに仕上がっている。
SnapCrab_NoName_2016-2-26_11-53-22_No-00

===========================================================

⇒クルマのオンライン査定先は沢山あります。

その中で私の経験から、【信頼出来・安心・手間がかからない】先は次の2つです!

★1番目のお勧め先は業界最大手の『ガリバー』
⇒全国どこでも無料出張査定、しかも購入台数が多いので顧客も多く高値で売却出来ます。

★もうひとつのお勧め先は『カンタン査定ガイド』
⇒ 複数の業者が競い合って査定をするので、買取額がどんどんつり上がり、査定が高くなる可能性が高いです。

今、車を運転している方の大半は、パソコンはなくてもスマホやタブレットは使っています。

そして、上に記載したサイトの使い方はとても簡単です!

時間も、かかってしまう方でも5分程度。なれている方なら1分もかからず記入送信出来ます!

それでクルマの購入資金が一気に50万円以上も少なくてすみます。

クルマの下取りは、まず『ガリバー』か『カンタン査定ガイド』で買取額を聞いたうえでディーラーと交渉する方が得です。

関連記事